2018年 元旦 望みを明確にする始まり。   

f0036028_22225310.jpg
明けましておめでとうございます。

恒例になってきた姪との元旦スタバ。
人で賑わっていました。
f0036028_22244902.jpg

思いがけず、
少しだけショッピングもしてきました。

昨日おととい、大掃除をしながら、

新しく買い替えたい、と思って、
手放そうと思っていたもの、

新たに欲しいと感じたものが、
みつかったり、いただいたり。

願ったら偶然のように
やってくるものを

今年はどんどん
受け取っていきます。

受け取っていきたいと思います、
書こうとして、

断定の形にしたのは、
遠慮をなくして、
両手を広げて
受け取ろうと決めたから。

望みをはっきりと明確にすることは
もっと大切な段階かもしれません。

小さなことも
偶然のチャンスや出会いがくると
わかれば、
本気で望みと向き合うことが
いかに重要かと実感しています。










[PR]

# by Glaurie | 2018-01-01 22:22 | 身のまわりの出来事

冬至と始まり   

f0036028_22521090.jpg

今日は冬至。ひとつのサイクルが終わりを迎え、新しいサイクルに入ります。


クリスマスや年末年始のシーズンはひとつの大きなイベントでありますが、


太陽の光が増えていく切り替わりのこの時期は、私たちの内面に大きな影響を与えています。


冬至を境に太陽の力が増していく、ということで、古くから北欧を中心としたヨーロッパでは、祭りが行われています。


寒さの厳しい日照時間の短い地帯では、太陽の光がどれだけありがたい存在であるか想像してみれば、闇に覆われた世界から光の世界へ移り変わる節目が、とても喜ばしい時期であることがうかがえます。


この時期、新たにしてみたいこと、創り出していきたいことを今一度、自分に問いかけてみるチャンスとなります。


自分自身も含め、心の底から本当に望んでいることをわかっている人は案外少ないものです。


例えば、楽しみにしていたクリスマスプレゼントは、どのくらいの期間、嬉しさや満足をもたらしてくれたでしょう。


自分にとって、嬉しかったもの、それほどでもなかったもの、当たり前になりすぎて何も感じなかった贈り物はないでしょうか。


それは、物が自分自身に喜びを与えているのではなく、贈り物がもたらす背景にある「何か」が、影響を与えているのです。


子供の頃のクリスマスプレゼントをもらって高揚した感覚や、自分の反応を振りかえれば、その背景には、愛情や友情といった様々な形の愛が、関わっているからと気づきます。


日本でのクリスマスが、人からの愛を感じられるひとつの機会であるとするなら、誰かの愛を感じる機会を待つよりも、自分自身で自分に愛を与えることはいつでも可能だ、ということに気づく人も少ないかもしれません。


人に何かを与えてもらうのを期待するよりも、自分で自分にはじめに愛をもたらすことができると気づくなら、


どんなことをして何を選択していけば自分が喜びを感じて満たされた気分になっていくのか、それがわかるのは誰よりも自分自身に他なりません。


ひとつひとつの瞬間を、どんなときも、これは誰かを喜ばせるためにしているのか、相手や状況に合わせているだけなのか、自分が本当はどう感じているのか、何がいちばん自分にとって喜びに近いのか、気づいていくことが自分で自分に愛を与えていく道筋をみつけるサインになります。



[PR]

# by Glaurie | 2017-12-22 22:51 | スピリチュアル

身体からのメッセージと予兆   

ある日突然、始まったベジタリアンのような食生活は、お肉なし、カフェインフリーと、お豆腐がメインの食事。


風邪気味のところ外食が続いてやってきた胃腸風邪は、まるでショック療法のように、胃腸と体を休めるよいきっかけとなりました。


コーヒーを飲まずに平気でいられるのは、身体が無意識に、交感神経を優位にするのを求めていないからかもしれません。


いつまでこの食生活を続けるのだろう、と思い、ラファエルオラクルカードをひいてみることにしました。このオラクルは、健康に関することを聞きたいときに時折使っています。


敢えて限定した質問を避けて、

今の自分にとって必要なことを尋ねてみたところ、身体に関するテーマの内容が多いこと!

f0036028_22063616.jpg

『マッサージ』

『デトックス(解毒)』

『ぐっすり眠りましょう』


すぐにマッサージを受けるとよいのは、身体から毒素を出しリラックス効果による治癒力があること、


身体が化学物質に敏感になっているので、デトックスをするよう勧めていること、保存料や砂糖、カフェイン、アルコールなどを避けて、自然栽培などの農法の食物に切り替えるなど。


眠りの質が体調に関わっていることを示していて、様々な要因で体がこわばっているので、質の良い眠りをとり静養してください、といったメッセージです。


全体を通してメッセージを汲み取れば、今はじっくり身体から毒素を出してゆっくり休むことが先決のようです。


実は1ヶ月ほど前から、身体が化学物質に敏感になっいる、というメッセージと共に、日常生活の中で微量の柔軟剤や、日常生活での化学物質に敏感に反応していることが気になっていました。


そして偶然にも、初めての病後に口にする野菜は、たまたま母が手に入れた無農薬の野菜でした。


以前から頻繁に感じていた身体からのメッセージや何となくそんな気がする、という直感をわきによけて無理をしていると、


余儀なく強制的に、そうせざるを得ない、という状況がやってくる、ということを、何度も経験しています。


どんなことも、繰り返しやってくる小さなメッセージを見逃さず、その時々で対応していたら、よいのでしょう。



[PR]

# by Glaurie | 2017-12-08 22:06 | 身のまわりの出来事

失くした物がみつかるタイミング   

f0036028_22243971.jpg
失くしたことに気づいた物を、
あらゆる場所を探してみつからなかったとき、期限を決めてそれでもまだみつからなければ
どうにかしようと考えました。

その日がやってきたとき、最後の手段として、祈ることにして、探し物がみつかるような手助けを天に任せました。

それから部屋に戻ると、何かがドアにひっかかったような感触がしました。入り口そばにかけていたトレンチコートが床に落ちていきました。
 
何度も開けているドアがなぜ、と思いながら拾いあげたとき、ソファーの後ろが目に入りました。

するとそこにずっと探していた物が落ちていました。

何度かそのあたりも見たはずなのに、そこから探し物がみつかったのは、トレンチコートに探し物が入っていたはずはなく、不可解でしたが、みつかった嬉しさに、経緯はどうでもよくなりました。

最後の神頼みが、偶然のようなタイミングで、物事がうまくいくことが多いのは、全てを天に任せて、どうなったとしても、もうそれでよい、とこだわりを捨てた瞬間が多いように感じます。

あきらめでもなく、執着のない、無の瞬間。

はじめに望んでいた状態が近づいてくるのかもしれません。



[PR]

# by Glaurie | 2017-11-28 22:22 | 身のまわりの出来事

変化の前段階のサイン   

f0036028_22292425.jpg

この一ヶ月が目まぐるしく過ぎ去り、ようやく秋らしい日差しと落ちつきを取り戻した11月が始まりました。

微調整を繰り返すように、色々な変化を感じています。

眠りのパターンがいつもと変わったり、何かしら小さなプレゼントを手にすることが多かったのですが、

それが脱皮のような変化の時期の前触れのようなサインであることを思い出しました。

普段と同じように過ごす日常の中で、ちょっとだけいつもとは違う、という何かを見つけるときがあります。

それは、例えば、すれ違う道すがらの人であったり、目にする車、風景の中のひとコマの中のもの、

あるいは、人からかけられる言葉、耳にする音楽など、あらゆるものがサインとしてやってきています。

以前よりも素晴らしい、と感じる何かを繰り返し受け取るとき、それは、目の前に、これからより素晴らしい何かがやってくる、というサイン、前触れです。

次にきたるチャンスを受け入れるように、まるでまわりの風景がちょっぴり変わったかのように感じられるとき、変化の前段階がきています。




[PR]

# by Glaurie | 2017-11-02 22:27 | スピリチュアル

バリ アグン山とシデメン村   

f0036028_22294566.jpg
バリ旅行から帰ってきて初めて、アグン山が噴火間近か、と警戒情報が出て驚いています。

比較的に近い観光地として、有名なブサキ寺院は、観光客で賑わっている様子らしいので、これから旅に出る場合は問題になってくるかもしれません。

今回の旅で滞在していたシデメン村は、アグン山と棚田のコントラストが美しく、再び訪れたい場所となりました。

シデメン村が忘れられない場所になったのは、もうひとつの理由があります。

シデメン村に着いた夜、珍しく眠れなくなり、磁場のような強いエネルギーを感じていたのは場所のためなのか、疲れなのか、この火山活動にこじつけたいだけなのか、不明です。

また行く機会があれば、その理由が絶対わかるはず、と心に決めているのも、シデメン村に強く惹かれてしまったからなのでしょう。

今回の旅が、自分にとって、色んな意味で、自分自身が何者かを知るような、そんな旅であったことをまた少しずつ書いていきたいと思います。


[PR]

# by Glaurie | 2017-09-24 22:29 | パワースポット

すべてはうまくいく   

f0036028_22260208.png
春先に衝動的に購入した海外航空券。
混み合う夏を避けて、9月に決めた、
「リセットの旅」。

普段は、今しか行くときはない、
と急に旅に出る私が、
計画的に3ヶ月以上前に予定を入れた旅。

のはずなのに、
今回は不思議なことが起きました。

色んな理由をつけては、
まだ旅立つ準備が整っていない、
と心の中でつぶやきながら、
どうしようどうしようと
感じていたのです。

体調が万全ではない、だの、
ありとあらゆることを持ち出しては、
まるで、すべてが完全になるまで
待たなくてはいけないような
気分になっていたのです。

そんなときは、
不完全な自分にオーケーが出せない心理状態です。

はたと気づいたのは、
自分のイメージする「完全さ」なんて
まやかしの幻であること。

〜したら〇〇しよう、と考えているうちは、
何も始まらないのです。

必要なのは、目の前に飛び込む勇気だけ。

すべてはなるようになる、
何か起きたら、その時に対処できる、
きっとすべてうまくいく、

そんな風に思えた瞬間に、
色んな物事が方向を変え、
すべてが動き出すのです。

嘘でもいいから、
すべてはうまくいく、
とつぶやいていくうちに、
そうなんだ、そうなっているのだ、
天のタイミングは、ぴったりなのだ、
と気づくでしょう。



[PR]

# by Glaurie | 2017-09-04 22:22

しし座の新月と皆既日食   

f0036028_22393803.jpg

今日は夕方過ぎ、みるみるうちに空が暗くなったと思うと、嵐のような夕立ちがやってきました。

ひとしきりの雷の後、静かになった瞬間、雲間から一瞬、青空と夕日が姿を現しました。

アメリカでは皆既日食となり、しし座の新月は、何かしら新しい幕開けのような雰囲気を醸し出しています。

自分の内側と向き合いながら、これから進んでいく道をしっかり見極めてスタートしていくようなタイミングです。

自分らしさをより大切にしながら、輝くような瞬間を増やしていく、そんなイメージです。


[PR]

# by Glaurie | 2017-08-22 22:24

台風一過の水瓶座の満月   

f0036028_22394057.jpg

昨夜の大雨と強風から、輝く満月が姿を現した今宵。

公園を歩いてみると、大きく折れて落ちた木の枝が台風の影響を物語っていました。

部分月食を伴う水瓶座の満月。

嵐が過ぎ去るときは、いったん崩れて壊れるものもあれば、浄化されて蘇る、新たに生まれるものがあります。

削ぎ落とされて、目指すものが見えてくる、
そんなタイミングのように感じます。

これまでの延長線上よりも、
もっとはるかに、
素晴らしいものを目指しても大丈夫、

そんな風に大きく手を広げて
未来を自分で選びとっていく、
新たな創造と新しい扉を開けていくイメージです。

[PR]

# by Glaurie | 2017-08-08 22:22

獅子座の新月に   

f0036028_22222389.jpg

一歩を踏み出すタイミングというのは、
色んな形でやってきます。

自然にそういう流れになった、
機会がやってきた、と感じる時もあれば、

初めてバンジージャンプをするかのごとく、
恐怖を超えて勇気を持って
前へ踏み出す時がやってくる場合もあります。

その瞬間を過ぎれば、
動き出していく、
獅子座の新月にやってきたメッセージは、
新しい章への幕開けなのかもしれません。





[PR]

# by Glaurie | 2017-07-23 22:10