魚座の満月から望む方向へ進んでいく   

f0036028_17161834.jpg

魚座の満月は、自分自身の中の深い感情にスポットをあて、人生をよりよい望む方向へ向けていくチャンスです。

満月の日に行うことで、おすすめな作業は、

身のまわりの未完になっている小さなことを片っ端から片づけること!

メールの返信や気になった場所の掃除、一度でも意識にのぼりながら、後回しや見ないふりをしてひきのばしている「何か」を集中して完了させていきます。

未完了のことを終わらせていくことで、排水溝の流れを悪くしていた小さな障害物が除かれるように、エネルギーの流れがよくなっていきます。

のばしていることを行おうとしたとき、気持ちのうえで抵抗を感じたり、感情としてでてくることがでてきたら、無視せず、みつめていくと、

一見関係のない作業とは別に、向き合わないようにしていた何かが現れてくることがあります。

今の生活の中の、「まあいいか」を減らして、望めば変えられる、に変えていく

多くの人が、仕事や人間関係について、同じことを毎年のようにつぶやきながら、最終的には、「〜だから、まあ今のままでいいか。」と結論づけ、愚痴をこぼすことで不満の気持ちを解消しています。

今のままでいいやという妥協の中には、自分が変える行動を起こすよりも、現状をそのままにしておいたほうが、無難だ、という気持ちが隠されていることがあります。

状況がよくなる可能性があったとしても、失敗をするリスクや未知の予測不可能な新しい状況への変化のほうが怖かったり、不安を感じるのです。

誰かに毎回愚痴話をこぼす相手に対して、我慢してやり過ごしたほうが丸くおさまる、とか、立場的には不平は言えないと思っていたり、その間には、様々な壁や障害物があると思い込んでいます。

今の現状を打開する方法は、段階的にごく小さな一歩からできるということ、

自分も相手も満足ができるような妥協点をみつけることは可能なのか、

その道のプロのアドバイスをお願いしてみる、など、今の自分の枠の一線を越えて、一歩を踏み出していけるのが、今回の魚座の満月です。

気持ちのうえでの満足を、今の自分が想像するのとは違う方面からのアプローチで、少しずつ変えていくことができます。

また、どのような分野のことも、自分の気持ちが心地よさを感じる、自分にとっての安心感や満足を感じる定位置のようなポイントがあります。

毎日が変化にとんで、刺激的でスリリングなスパイスを求める、冒険家や投資家のようなスピリットだったり、

ごく親しい人と一緒に何かをすることが心の充足と価値観を置いている人など、人によって心の充足に必要不可欠なビタミンや欲求の原点は様々です。

自分がどんな気持ちを感じていることが、水や空気のような、生きていくのになくてはならないもので、そのうえで、どんなライフスタイルや仕事をしているのがよいのか、

自分の気持ちの奥底の欲求に向き合うことが、今の現状の生活を変えていく方向へ進んでいく道しるべになります。


[PR]

by Glaurie | 2015-08-30 16:30 | 新月と満月

<< 奇跡という言葉のシンクロのつながり 自分の素晴らしさに気づくヒント >>