時間泥棒の正体   

f0036028_22225900.jpg

f0036028_22225959.jpg

今年のブラックベリーは実りが早く、収穫も終わりが近づいています。

天然酵母作りはまた来年、と思ったとき、
ふと思いました。

来年もこの実がなること、
この場所にいることを
当たり前だと思っていること。

そして誰かと一緒にいるときも、
当たり前のように
スマホをチェックして
その瞬間の時間と空間は別の次元へ存在していることに気がつきます。

今、目の前の、
当たり前のように
あるもの、存在は、
今年と来年は決して同じではなくて、
少しずつ変化をして時を経ています。

永遠に続くものは
何もないのだ、と意識した瞬間から

ひとつひとつの時間や
空間、存在は、とても大切なものに変わります。

旅先を訪れて、
また来るからいいや、と思って過ごすのと、

もう2度とこの場所を訪れることはない、
と思って過ごすのでは
全く違った経験になります。

誰かと会うときも、
またすぐ会うから、と気もそぞろでいるのと、

なかなか会えない遠距離にいる誰かと
会っている時間。

目の前のひとつひとつのことに
集中して専念して
過ごすことを心がけてみたなら、
きっと1年後は
去年とは違った自分になっているかもしれません。



















[PR]

by Glaurie | 2016-07-29 21:58

<< しし座の新月と雷雨の雨 梅雨明けの奇跡の猫のストーリー >>