「ほっ」と。キャンペーン

インスピレーションと努力の世界は相反する?   

f0036028_22371922.jpg

水瓶座の新月が過ぎて1月も今日で終わり。

少しずつ、春が近づいていることを花や空から感じています。

2017年に入り、ふたたびオラクルの勉強会や様々な機会を通じて五感を超えた世界と触れあうと、自分がいつも見守られていること、どんなときも応援されていることを実感します。

まわりの空気につられて、地道に努力を重ねていたとき、人を介して受け取ったメッセージは、

インスピレーションに従って、流れにのる方が私はずっとうまくいく、といったものでした。

それはそうだけれど、
現実の常識たっぷりの世界では

怠けて楽しているようにみられないかしら、
という心の声、心というよりも、考えがでてきます。

そんなとき、頑張って何かをしているつもりになっている自分の状態を、側からみたら、どんな風にみえる?と問い返してみると、

心から望むことを楽しんでやっているときは、頑張っている、というより、集中している、に近い状態です。

頑張る、という状態は、まわりの期待に応えるように、自分に無理しているときもあり、そのような時は、自分を酷使しているのかもしれません。

深呼吸をして、今の自分が何を感じてどう動いているのか、自分の気持ちと状態に向き合うことも、流れをつかむきっかけになるでしょう。




[PR]

by Glaurie | 2017-01-31 22:00 | Comments(0)

<< 花からパワーを受け取る 蟹座の満月前のイメージ力 >>