目の前の景色が彩られるとき   

f0036028_22335366.jpg

周りの風景を見渡したとき、目に飛び込んでくるのはどんな景色でしょうか。

たくさんの色や刺激を受ける中で、目にとまるもの、というのは、今の自分がいちばん心を動かされるもの、興味をそそられるもの。

誰かと同じ景色を眺めたとき、それぞれが色んな想いを持って目の前の風景をみています。

子供の頃を思い出すように、目の前の風景を眺めてみたら、どんな風に何を感じるでしょう?

すべてが新鮮で新しい出会いだった頃の想いを思い出すことができれば、

好奇心や感動にあふれた瞬間にふたたび巡りあうことができるでしょう。

まっさらな目でもう一度、目の前の景色を眺めてみれば、たくさんの祝福が注がれていることに気づきます。



[PR]

by Glaurie | 2017-03-09 22:20

<< 薮原から奈良井 中山道3月は雪景色 魚座の新月の転換期と扉 >>