カテゴリ:未分類( 134 )   

牡羊座の新月とお宝マップのパワー   

f0036028_22324387.jpg

明日は牡羊座の新月、
春分後の初めての新月です。

お宝マップを作ることをおすすめするのは、
大人になって現実的な夢だけを求めるように
なってきたときに、

少し立ち止まって、
子供の頃の気分を思い出して
お宝マップを作ることです。

こんなことは無理かもしれない、
と思うようなことも、どんどん
写真やイメージ、言葉にして
表現していくと、

点と点だったバラバラな夢が
つながっていったり、
自分の今の心の希望がみえてきます。

新年の抱負とは違って、
意志力もいらなければ、
希望の種まきとも言えるかもしれません。

不思議なのは、何年かたって
その写真と全く同じ状況や物が実際に
現れてくる、という現象なのです。

まずはお宝マップを作ることが、
その一歩になるのです。




[PR]

by Glaurie | 2017-03-27 22:04

薮原から奈良井 中山道3月は雪景色   

春先になって、しまい込んだトレッキングシューズを探し出し、久しぶりにハイキングを再開しました。

昨年の秋に行く予定で、行きそびれていた中山道のコースは、人気のある馬籠から妻籠ではなく、少し穴場的な薮原から奈良井へぬけるルートです。
f0036028_22270691.jpg
f0036028_22270684.jpg


連休の間の日曜日、JR駅から誰もいない静かな街並みを友人達3人と歩き出しました。

とてもお天気のよいこの日、待ち受けていたのは
なんと雪!鳥居峠あたりから、ふかふかの雪道からアイスバーンの雪道がところどころ現れました。
f0036028_22270793.jpg
f0036028_22270750.jpg

むかし、たまに薮原にスキーに行っていたことを思い出し、この地帯が雪深い場所だということをあらためて思い出しました。どうりで人がいないはず。
f0036028_22270816.jpg
f0036028_22270872.jpg

のんびり春先のハイキングを楽しむ、というより、まるで修行のような6kmの道のり。

奈良井の宿場町へつながる道は、雪で滑りそうだったので降りることを断念し、延々と奈良井駅に続く道を歩いていきました。万歩計をつけていた人がいて、2万歩を越えていたそうな。

駅から戻る形で、奈良井の宿場町を歩けば、観光客がいて、ようやく旅らしい気分になりました。
f0036028_22270855.jpg

ちょうど4時間滞在して、歩いていたのは3時間弱。帰りも快速でのんびり、何年かぶりの青春18きっぷの旅でした。これをきっかけに、ふたたびトレッキングやパワースポットへの旅心が目覚めそうです。


[PR]

by Glaurie | 2017-03-20 22:00

目の前の景色が彩られるとき   

f0036028_22335366.jpg

周りの風景を見渡したとき、目に飛び込んでくるのはどんな景色でしょうか。

たくさんの色や刺激を受ける中で、目にとまるもの、というのは、今の自分がいちばん心を動かされるもの、興味をそそられるもの。

誰かと同じ景色を眺めたとき、それぞれが色んな想いを持って目の前の風景をみています。

子供の頃を思い出すように、目の前の風景を眺めてみたら、どんな風に何を感じるでしょう?

すべてが新鮮で新しい出会いだった頃の想いを思い出すことができれば、

好奇心や感動にあふれた瞬間にふたたび巡りあうことができるでしょう。

まっさらな目でもう一度、目の前の景色を眺めてみれば、たくさんの祝福が注がれていることに気づきます。



[PR]

by Glaurie | 2017-03-09 22:20

魚座の新月の転換期と扉   

f0036028_22174723.jpg

魚座の新月を迎える前に、様々な機会で何度となく同じ似たようなメッセージを受け取りました。

「終わりと始まり」
「変容」
「扉が開く」


古く、役にたたなくなったものを手放したり、
何らかのきっかけで終わるものがあります。

失くなると同時に、まだ何も見えない時期を通過すると、新しい何かが始まります。

この魚座の新月の時期は、自分自身の中に、これまでとは違った感覚や思い、希望が現れてきます。

自分の心のうちに従って、道を決めることで、
ひとつの扉が閉まるとともに、
新しい扉が現れてきます。

これまでの選択、慣れ親しんだパターンをやめると決めるだけで、新しい扉はすぐそこに現れてくるでしょう。






[PR]

by Glaurie | 2017-02-26 22:00

春の予感と変化の時期   

f0036028_22104172.jpg

2月も後半に入り、少しずつ春が近づいているのを実感します。

冬から春へ季節が変わるときは、人との別れや移動、動きや変化を体験しやすい時期です。

移りゆくものを見送り、新しい扉が開く前段階の時期は、感情が敏感になったり、不安定になることがあります。

どんな時も、自分が見守られ、愛されている、とわかっていたら、地に足をつけて、変化の時期を楽しみながら受け入れていけることでしょう。




[PR]

by Glaurie | 2017-02-19 22:01

しし座満月を過ぎて   

f0036028_22574783.jpg

雪が降る獅子座の満月を過ぎて、
心が晴れやかに、自分が向かっていく道筋が照らし出されていくような感覚を覚えています。

それは振り子の揺れが収まっていくタイミング、自分の中心へ繋がっていく感覚です。

喜びを感じる道は、どの道なのか、
自分の心がいちばん知っています。

しがらみを脱ぎ捨て、
自由になっていくことに
罪悪感や抵抗を感じる必要はないのです。


[PR]

by Glaurie | 2017-02-12 22:49

花からパワーを受け取る   

f0036028_22322907.jpg

立春が過ぎて空気が変わり、新しい「何か」が始まろうとしている予感を感じています。

変化の前段階は、混沌や迷い、様々な思いが出てくる時期があります。

そんなとき、ひと呼吸して、花が咲いている場所へ行きます。

花の中から、自分が惹かれる花、直感でこれだ、と思う花を選んでみるとよいでしょう。

しばらく花を見つめ、心の中を無の状態にしていると、花とのつながりを感じる瞬間がやってきます。

そのような状態になったとき、
自分の心の中に、ひらめきのように言葉が浮かんだり、

気持ちがほっとしたり、内側から強くなるような、何らかの感覚を覚えるかもしれません。

その場所を離れてからも
その花を思い出すだけで、
安らぎや体の緊張感がほぐれていくような感覚を感じることでしょう。
[PR]

by Glaurie | 2017-02-07 22:19

インスピレーションと努力の世界は相反する?   

f0036028_22371922.jpg

水瓶座の新月が過ぎて1月も今日で終わり。

少しずつ、春が近づいていることを花や空から感じています。

2017年に入り、ふたたびオラクルの勉強会や様々な機会を通じて五感を超えた世界と触れあうと、自分がいつも見守られていること、どんなときも応援されていることを実感します。

まわりの空気につられて、地道に努力を重ねていたとき、人を介して受け取ったメッセージは、

インスピレーションに従って、流れにのる方が私はずっとうまくいく、といったものでした。

それはそうだけれど、
現実の常識たっぷりの世界では

怠けて楽しているようにみられないかしら、
という心の声、心というよりも、考えがでてきます。

そんなとき、頑張って何かをしているつもりになっている自分の状態を、側からみたら、どんな風にみえる?と問い返してみると、

心から望むことを楽しんでやっているときは、頑張っている、というより、集中している、に近い状態です。

頑張る、という状態は、まわりの期待に応えるように、自分に無理しているときもあり、そのような時は、自分を酷使しているのかもしれません。

深呼吸をして、今の自分が何を感じてどう動いているのか、自分の気持ちと状態に向き合うことも、流れをつかむきっかけになるでしょう。




[PR]

by Glaurie | 2017-01-31 22:00

蟹座の満月前のイメージ力   

f0036028_22062284.jpg

今日は曇り空から晴れ間が現れたと思ったら、お天気雨が何度も訪れたり、虹を目にした人もいるかもしれません。

明日は蟹座の満月。
気持ちが不安定になるというよりも、流れがスムーズになったように感じられたり、曇り空から光がさすように、気持ちの切り替えポイントが起きそうな雰囲気です。

個人的には、満月前に象徴的なイメージのように起きたことがありました。

まわりの様子をみて、事態が悪くなるのでは、と感じ始めたとき、なぜそんな予測をしているのだろう、と自問してみたのです。

すると、これまで似たような状況を何度か体験したときのことを思い出して、こんなときには、事態が都合の悪いように流れていくことがあった、という記憶の引き出しを思い出して、その先のイメージを「うまくいかないかも」という方向へ気持ちを持っていっていたのです。

それに気づいたとき、悪くなるときがあったとしても、そうではない方向へいったときも必ずあったはず、と思い出してみると、

同じように、記憶の引き出しから、よい方に転換していったことも何度もあった、ということが出てきたのです。

そうなると不思議なもので、気持ちの方向転換も変わると同時に、

実際によい流れがふたたびやってきたのです。

もちろん、物事に対してよいも悪いもなく、ただ自分にとってそれが心地よいか、都合がよいか、という視点からそう捉えているのですが、

気持ちの持ちようや近い未来の捉え方が変わるだけで、偶然のように、

その少し先の流れと現実が変わっていったのです。

ちょっと気づいて、自分の感じ方を変えるだけで、未来はちょっとずつ流れを変えて、望む方向へ流れていくのですね。

明日の蟹座の満月は、さらなる方向転換や希望の道筋をつけていきたいものです。


[PR]

by Glaurie | 2017-01-11 21:44

2017年初めの流れを感じるとき   

f0036028_23041864.jpg

年が明けてから、不思議なくらいに、
頭に浮かんだ、誰か や 物、に関することまで
すぐにやってくる、ということがありました。

それはまるで、
心の中に、ちょっとした疑念や疑いがあれば、
すぐさま吹き飛ばすかのように、
全く違う、素晴らしい現実をみせてくれるのです。

どういうことなのだろう、
と今度は逆からみてみると、

今までずっと時折疑っていたもの、
それは自己不信につながるような、
私自身はそんなに大切でもないし、
といった、小さな頃から
自分自身を小さくしていた暗雲を
晴らしていくことが
とてもわかりやすく、
目の前で何度も何度も
起きているのですね。

これは何かのサインや印だ、
と気づきはじめると、
本当に、
色んな贈り物や
小さな奇跡のようなことが
少しずつ起きて、増えて、

自分がある流れの中にいるときと、
そうでないときの違いを実感しています。























[PR]

by Glaurie | 2017-01-07 22:19