「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:パワースポット( 43 )   

いつの間にやらまとめなびにブログ登場   

f0036028_21525965.jpg

いつの間にやら、このブログのランプヤン寺院の記事がよく読まれていて、

まとめnaviの、「異世界への入り口!?魅惑のパワースポット!!天空の寺院と称される「ランプヤン寺院」の光景が圧巻!」の後半部分に、ブログの内容のごく一部や写真がのっていました。

驚きを感じながら、うれしいな、という素朴な気持ちです。バリ島のランプヤン寺院へ行って、色んな体験と感じ方をする人が増えてくれたらいいなと思います。

頂上まで階段を登っていき、バリの儀式をみたり、体験するのは、貴重な体験です。宗教がどうのというよりも、その土地での古くから伝わる伝統的な行事には、敬意と共に厳かで神聖な雰囲気が漂っています。

その時ナビをしていただいたガイドさんが語ったことには、ランプヤン寺院に行くこと自体が、バリの人々にとって神聖さを感じる一大行事だそうです。パワースポットと呼ばれる所以も、人々がたくさんの祈りをして神聖な儀式が行われる場所だからこそ、祈りといった天とつながるエネルギーが積み重なって、もともとの山の持つ強いエネルギーと共に、他の場所にはない、独特の「気」が宿っていると捉えてよいでしょう。



[PR]

by Glaurie | 2015-11-14 21:35 | パワースポット | Comments(0)

開運旅は大自然を勧める理由   

f0036028_2274812.jpg

GWということで、開運につながる旅について少し語りたいと思います。

2年前のGW明けに出発したマウイ島は、帰国直後から旅をした皆が、小さな幸運の連続に恵まれる、ということに不思議を覚えました。

いちばんの要因は、
行き先がパワースポット

ハレアカラ火山やククイプカヘイアウ、カハクロア村など。

大自然にふれること

ハレアカラ火山の山頂から眺めた夜空は、自分が宇宙の中に存在しているひとつの存在であること、を思い出させてくれました。

そしてつながる、という感覚のように、自然のリズム、宇宙の大いなるリズムに同調していくことをもたらしてくれたのです。

皆既日食というタイミング

たまたま、ハワイで部分皆既日食を体験して、大きなエネルギーを感じました。

以前からよく、月蝕や日蝕、満月や新月、夏至や冬至に旅へ出て気づいたこと。

普段の何気ない1日のときよりも、そういった日に行ったときのほうが、

旅から帰ってきたときに、

物事が動く、何かが切り替わる、という経験が起きやすいのです。

今、いちばん近いのは、さそり座の満月ですね。足をのばして自然の中で体験する満月などいかがでしょうか。
[PR]

by glaurie | 2015-05-01 21:51 | パワースポット | Comments(0)

バリのランプヤン寺院 頂上への行き方と儀式参加 その3    

f0036028_1554789.jpgランプヤン寺院へ行ったなら、2-3時間の時間の余裕を作ってぜひ標高約1,000mの頂上まで目指して行ってみるのがおすすめです。

ツアーで行くのは大抵、下の写真の入口付近だけで、ちょっぴり雰囲気を味わいたいという方にはここまででいいと思うのですが、

せっかくなら、頂上までの道すがらの、祈りをささげるバリの人々の儀式の姿の様子や、原生林の中を通って、パワースポットと呼ばれるランプヤン寺院の場所のエネルギーというのを感じてみるのも楽しいです。

ランプヤン寺院のよいところは、外国人観光客が比較的少ないこと、途中のアグン山の景色と祈りをささげる人々の様子も楽しみながら軽いトレッキング気分が味わえること、道中に飲料水を売っているお店が数多くあるので、手荷物が軽く済むことです。

f0036028_15373548.jpgf0036028_15383124.jpgランプヤン寺院へ頂上まで行くとした場合の予定の組み方は、午前中に上まで行った方が、雲がでなくてよい景色が眺められること、

パワースポットとして考えた場合、朝早い時間に訪れる方が、場の空気がより神聖さを感じられると思います。

そして頂上に着いたなら、ぜひ体験してみたいのは、正式参拝。日本の神社のように、きちんとした格好が必要なのですが、外国人観光客の場合は、多少多めに見てもらえる(?)ようで、男女ともサロンと呼ばれる足を覆う布を巻いて、上はTシャツ姿でいる外国人をみかけました。
f0036028_16472230.jpg参拝するには、お供え物が必要です。私が行った時は、ガイドさんが準備してくれていました。卵や、米、花など、色々なものが入っています。市場などでも手に入るようです。デンパサールなどで調達できるのでしょうね。
f0036028_1649177.jpg

f0036028_16561013.jpgそして、着いた順にお祈りの儀式に参加するのですが、人が大勢いるので、写真の場所に座って前の人達が済むのを待ちます。

その間に、どんなことをするのか、祈りの方法など、下見気分で眺めながら待ちます。同行者に現地の人がいないと、やっぱり無理そうなので、ガイドさんやどなたかにあらかじめ頼んで参加するのが確実でしょう。

そうすると、神社の参拝法のように、バリの祈りのやり方や意味など、色々なことを教えてもらえるので、異文化体験としての忘れられないバリ旅のひとつとなると思います。
[PR]

by Glaurie | 2013-11-07 15:39 | パワースポット | Comments(0)

長野の山の星空&朝日、パワースポットツアー   

f0036028_10261814.jpg

今年は長野の御嶽山で星空と朝日、パワースポットに森のウォーキングのツアーへ友人と参加を予定しています。

標高2,150mの展望台から星空を見てそばの山小屋へ泊まり、早朝5時前に朝日を眺め、森と渓流をウォーキング。

そして最近、長野の新しいパワースポットとして有名な霊神碑群を見て、開田高原でとうもろこし狩りや人気のアイスを食べるという盛りだくさんの1泊2日のツアー。まだ人数に余裕があるようで、私達の参加する最終の日程9月7日出発も最小人数まであと少し。

御嶽山は、山岳信仰やスキーのスポットとして人気で、東京や関西からもアクセスがよいのがポイントです。

このツアーは、ロープウェイ山麓駅に夕方集合なので、東京や大阪を9時ごろの電車で昼過ぎに木曽福島駅に到着。駅からは本数は少ないですが、ロープウェイ駅までバスが出ています。

私も山小屋に宿泊は初体験となりますが、山から眺める星空や朝日を体験できる国内ツアーはそんなに多くなさそうですし、ブログでもご紹介できればと思っています。

先日のペルセウス座星雲は見逃してしまったけれど、まだ残暑の厳しい今日この頃を、暑さを逃れてひとときを大自然を感じながら過ごすのは、さぞかし素晴らしい体験だと思います。
興味のある方はこちらのホームページを。
http://visit-town.com/nagano/detail/679
[PR]

by glaurie | 2013-08-14 10:00 | パワースポット | Comments(0)

ハワイ・マウイ島のパワースポット ドラゴンティーズ   

f0036028_1341324.jpgマウイ島のザ・リッツ・カールトンホテルのゴルフコースのそばに、ドラゴンティーズという場所があります。

呼び名の通り、ドラゴンの歯のような不思議な形をした岩が並んでいます。

パワースポット、という一説もあり、そばには、誰かが作ったらしいミステリーサークルのようなものもあります。

そして実は、パワースポットはこのドラゴンティーズではなく・・・。


f0036028_13435155.jpgこの写真の平地が、ハワイアンにとっての神聖な場所であるそうです。

今回、マウイ島のククイプカヘイアウをガイドしていただいたミカさんと、カハクロア村を経由して、このドラゴンティーズに向かっていたときのこと。

ドラゴンティーズは知らないけれど、ホテルが建設されようとする時に、ハワイアンが反対した場所がある、ということでした。

そしてそばの駐車場に止めて、ドラゴンティーズがどこにあるかを聞きにいって、海に向かって歩いていた時、ちょうど、そのハワイアンにとっての神聖な場所、にめぐり合いました。

日本でも、神木があったりすると、その木のまわりだけを避けて、建設を進める、というように、ハワイでも同様のことがあるようです。
[PR]

by Glaurie | 2013-06-07 14:04 | パワースポット | Comments(0)

ハワイ・マウイ島のパワースポット ククイプカ・ヘイアウその2   

f0036028_15144234.jpg
ハワイの聖地を訪ねてゆっくりとした時間を過ごしたい、そんな思いから、今回の旅では、ククイプカ・ヘイアウをマウイ在住のミカさんに案内をお願いしました。

今回は、3人の女旅。

ククイプカ・ヘイアウへ行くことを決める前、友人2人に、ククイプカ・ヘイアウについて書かれた記事とその他の場所の写真を渡してありました。

すると、友人ひとりから、ククイプカ・ヘイアウの写真を見ていたら、涙がこみあげてきた、というではありませんか。私の頭の中では、???ながら、ではぜひ行ってみよう、ということになりました。

ただし、ひとつだけ、意外な点が皆の注意をひきました。

ククイプカ・ヘイアウへ行く前には、イアオ渓谷で禊ぎの水浴び

「禊ぎ!」「水浴びって?!」

皆で大騒ぎです。
私も、「禊ぎ」と聞いて、思わず、白装束で滝に打たれるイメージを連想してしまいました。

このイアオ渓谷禊ぎ編は、少しだけ長くなりそうなので、またの機会にして、今回はヘイアウの話に戻ります。

ククイプカヘイアウでは、別に涙も出なかった(?)友人、はじめ、写真をみたときに涙が出た、そんな話をミカさんにしていたら、その友人だけではなかったのです!

涙する人もなぜか多い、というのです。
このククイプカ・ヘイアウという場所には何かがあるのでしょうか?

詳しいことはわかりません。

私個人としては、この場所には、柔らかで優しいエネルギーが流れているように感じました。

そしてもうひとつの自慢(!?)

ガイドのミカさんが、この場所へ連れてくる人と、その日のお天気には、密接な関係があるそうです。

土砂降りの人もいれば、曇って海がよくみえない人、大荒れの天気になってしまう人もいるそうで…。
そういった話は、このヘイアウに限らず、パワースポットなどを訪れるときには、聞いたことがあります。

そして、この日は、その数日間の中で、一番お天気のよい快晴!

さえぎるものはなし、とっても幸先がよい!?

単純だけど、うれしいです。

運だめしのつもりで?ククイプカ・ヘイアウに行ってみるのもあり?

神聖な場所なので、それなりの準備や心構えはしていった方が、きっとよいでしょう!
この話もまたそのうち。
[PR]

by Glaurie | 2013-05-31 15:37 | パワースポット | Comments(0)

ハワイ・マウイ島のパワースポット ククイプカ・ヘイアウ その1行き方   

f0036028_16392185.jpg
マウイ島の隠れおすすめスポットは、古代ハワイアンの聖地、「ククイプカ・ヘイアウ」。

マウイの空港カフルイ空港の西側、車で約30分程度の距離にあります。

カハクロア村へ向かう340号の道路は、途中道幅がせまく、レンタカーでは通行禁止となっているのと、ヘイアウへの入り口がわかりにくいため、初めてアメリカでレンタカーを運転をする方にはおすすめできません。

行き方は、ツアー参加か、タクシー、車をチャーターしていく方法です。
 
1.ツアー参加は、西マウイヒーリングツアーというような名前で、数社、日本人向けのツアーが出ています。値段は大体、160$前後で、2名以上の参加からです。

よい点は、他のヒーリングスポットと共に、効率よくまわることができる、ホテルまでの送迎や昼食が含まれている、一般では入れない、カハクロア村の敷地に入ることができるツアーもある、といったところでしょうか。

難点は、ヘイアウへ行く時間が大体お昼から午後になっていること、ヘイアウで過ごす時間がさほど多くはない、といったところでしょうか。聖地やパワースポットと呼ばれているところは、例外はありますが、色んな観点からできるだけ早い時間にいった方がよいと言われています。

とはいいつつ、このヘイアウは人があまり来ない場所のようですし、さほど気にしない方や、少しだけ行ってみてみたい、という方には、ツアー参加がおすすめかもしれません。



2.車をチャーター、あるいはタクシーで行く場合。
ハワイのタクシーは、日本のタクシーのように、道で拾うことはまずできませんし、タクシー自体もそんなに多くはありません。
タクシーを予約なしで乗るのに確実な場所は、空港やホテル、大きなショッピングモールのタクシー乗り場です。
タクシーに乗る注意点として、オアフ島のワイキキと違って、日本語が通じることはまずありません。
日系人でも3世あたりになってくると日本語はほとんど理解できない人もいます。
また、ククイプカ・ヘイアウは、さほど地元の人にも知られている場所ではないので、地図であらかじめ示しておくか、乗る時に充分確認する必要があります。

車チャーターの場合も、このヘイアウへ行くには、あらかじめ伝えておいたほうがよいでしょう。マウイ島は、車のチャーター料金も、だいたい1時間100$前後する場合が多いです。(トラベルドンキーなどネット予約はもう少しお得になっているようです。)そして空港からであっても、帰りのホテルまで4時間程度のチャーターが必要になると思います。
[PR]

by Glaurie | 2013-05-30 16:45 | パワースポット | Comments(0)

ハレアカラ火山の夕日   

f0036028_2054447.jpg
ハレアカラ火山の夕日。
ハレアカラ火山の朝日はよく知られているけれど、夕暮れから星がまたたき始めるまでの時間も、おすすめです。

新月翌日の月の影と金星が現れました。

ハレアカラ火山からの星空は、満天というよりも、星が手に届きそうなくらい、輝きが大きいのです。

宇宙を感じる星空は、自分が宇宙の中の一員であることを思いださせてくれるような体験でした。

小さなことで頭を悩ますことが出てきたら、このハレアカラ火山で見た星空を思い出して、宇宙とつながる感覚を、再び思い出すことができるでしょう。
[PR]

by Glaurie | 2013-05-23 20:53 | パワースポット | Comments(2)

ハワイ・マウイ島のパワースポット ブラックロックに沈む夕日   

f0036028_1435848.jpg
ハワイのマウイ島のパワースポットのひとつ、ブラックロック(プウケカア)。
古代のハワイアンの神殿があったとされる神聖な場所です。

パワースポットの宝庫であるハワイには、こんな場所に?というような至る場所に、

古代ハワイアンにとっての神聖な場所が点在しています。

今回も、知らず知らずに、引き寄せられるかのように、いくつかのパワースポットを訪れる機会に恵まれました。

このブラックロックは、マウイ島の北西部にあるカアナパリにあります。家族連れも多いリゾート地に、一見不似合いなほど、力強いパワーにあふれた黒い溶岩があります。

この場所は、昔、魂が祖先に戻っていく場所として、戻ることのできない魂はさまよっている、と言われ、人が近づかない場所であったようです。

そんなとき、勇敢な兵士が、この岩場から海へ飛び込んで、戦いで意気消沈していた兵士の士気をよみがえらせたという言い伝えがあります。

今は、毎日ではありませんが、夕刻に、「クリフダイブセレモニー」という、ホテルのイベントとして、トーチに火を灯し、この岩から海に飛び込む姿を見ることができます。

今回、たまたまシェラトンに滞在していたので、ブラックロックに沈む夕日とダイブの様子をみましたが、ものすごい速さで岩場を登っていく姿は、見る価値があります!

朝の散歩でこのブラックロックを歩こうとしたら、岩の先は、通行止めのロープが張られていました。しかし、この岩からダイブする外国人をみかけたので、勇気のある(?)人は、ここから海へ飛び込んでいるようです。

ブラックロックは、シェラトンホテルのビーチすぐ横にあるので、ビーチバーでカクテルを飲みながら、ブラックロックに沈みゆく夕陽を眺めるのも楽しいと思います。

ラハイナの中心部とカアナパリ地区のホテルを結ぶ、無料シャトルバスが出ているので、とても気軽に訪れることのできるマウイ島のパワースポットのひとつです。
[PR]

by Glaurie | 2013-05-15 23:55 | パワースポット | Comments(0)

ハワイ・マウイ島のパワースポット ハレアカラ火山   

f0036028_14302666.jpg
昨夜ハワイから帰ってきました。今回の旅も、まるで祝福されているかのような、天候やタイミングに恵まれた旅でした。

偶然、マウイ島のパワースポットで新月と日蝕をむかえ、日蝕グラスで、4分の1ほどかけていく日蝕を時折眺めては楽しんでいました。

f0036028_14432132.jpgハレアカラ火山では、高山で時折みかけられるというブロッケン現象を初めてみました。写真ではわかりにくいのですが、ぼんやりと映っているのが私と友人の影です。もうひとつみたブロッケン現象は、ぼんやりと虹のような光が二重に出ていて、とても幻想的でした。

ハレアカラ火山の夕空には、肉眼ですぐわかるような金星と新月の跡が現れました。ちょうどこの時期は、牡牛座に様々な天体が集まっていて、日蝕パワーと共に天体のエネルギーは、強力な影響を与えているかのようです。

夜空に見た星は、これまで見たこともないほど、星の大きさが大きく感じられて、宝石みたいに輝いてきました。初めて、宇宙はすぐ身近という感覚がしました。ツアーに参加したので、天体望遠鏡で、木星の縞や土星の輪を見て、感動しながら、シリウスや南十字星など様々な星や星座を教えてもらいました。

旅の間、友人たちとともに、ゾロ目を毎日偶然目にしました。

11:11や3:33、5:55、4:44など、ぱっとみた車の時刻や、携帯、様々な形で他にも車のナンバーなど、ゾロ目の連続。

旅の間は、ここ数日で一番お天気がよい、という日に、パワースポット巡りやハレアカラ火山に行く日があたり、本当にラッキーでした。

また少しずつ写真をUPしていきたいと思います。
[PR]

by Glaurie | 2013-05-14 15:06 | パワースポット | Comments(0)