カテゴリ:不思議話( 3 )   

変化のタイミングと星の動き   

f0036028_22562151.jpg
変化のタイミングは色んなきっかけでやってくるのですが、

ひとつには、「星の動き」というものがあります。

無意識に影響を受けているのが、惑星の星の動き。

生まれたときの惑星の配置図は、その人自身の性格や今世でのテーマ、経験する大きな出来事など、大まかな地図のような役割をしています。

以前はあまり信じていませんでしたが、インドの占星術のようなアガスティアの葉をみてから、ありえないほど正確な私の情報に驚いて、タイミングなどをみるときに、占星術をみるようになりました。

現在の冥王星や天王星、土星、火星などの星の動きは、私のホロスコープのアングルを直撃しています。

変わり目や変化、変革が起こる、ということは、

変わらざるを得ない段階に来ている、ということ。


波に乗って押し出されていくように、ある流れがやってきている、ということ。

こんなときは、抵抗して波に抗うよりも、波にのまれないように、身を任せて、違う場所へ到達していくのを信頼するのが一番です。



[PR]

by Glaurie | 2015-07-22 22:38 | 不思議話

奇跡のシンクロと引き寄せは突然。   

f0036028_1495568.jpg

旅にまつわる不思議なシンクロの続き。

近所の図書館の、新刊の棚でみつけたペルーのマチュピチュの写真集。

日曜日の午後、ベッドで寝転んで写真を眺めていたら、だんだん気分がもりあがってきました。「絶対行きたい!」と強く思いました。そのままいつの間にか眠りこんでいました。

その2〜3日後、会社にいるとき、私宛の国際電話がかかってきてる、と伝えられました。当時はまだ携帯もインターネットもほとんど普及していない時代。

以前一緒にインドへ旅したり、GWにカナダで会った元後輩。
「実は留学先でペルー人と知りあって、一時帰国するというから、1ヶ月遊びに行くことにしたの。急だけど、旅に合流する?」

ええっ⁈
願ってもないチャンスだけど。

「私、こないだGWに約2週間休んだし。そんな急に無理だわ。」

「また行くか考えた後に電話するから。じゃ。」すぐに電話はきれました。

周りで興味深く会話を聞いていた同僚達は、「行ってくればいいじゃない。仕事も任せて。」

マチュピチュに行きたいと強く感じた瞬間、偶然のように舞いこんだチャンス。マニアックな場所だけに、偶然を超えていると思いました。

ペルーまでの格安航空券もすぐみつかり、そこで働いていた日系ペルー人女性が情報をくれたり、あれやこれやとトントン拍子に話が進みました。

3週間後の11月初旬の連休にかけて11日間のペルー旅行。現地ではハプニングもありながら、念願のマチュピチュへ行き、そこでは不思議な体験もしました。

私にとっては、旅がいつも人生を変えてくれるように、そこでの色んな体験が目に見えないところでつながっていたのです。この話はまた別の機会に。

今はここで何を伝えたいかというと、

ペルーの旅に関しては、いつかいけたらいいなという夢にすぎず、私の頭の中では、色んな「絶対に無理」という思い込みがたくさんあったのです。

例えば、
南米ツアーはべらぼうに高い。かといってフリーで行くには危険すぎる場所。スペイン語話せない。南米も高山病も怖い。そもそも私の周りに一緒に行く人はいない。行くには日数が必要。会社休めない。休んだとしても、その間の仕事は?ムリムリムリ。

書き出したらとまらないほど、たくさんの「だから行けない」理由がありました。

声を大にして伝えたいのは、シンクロがもたらすチャンスは、いっさいの自分に課している制限や禁止を、越えさせてくれるチャンスをも一緒に運んでくれるのです。

例えばお金がないと思ってるときであれば、無料の話を運んでくれたり、無理と思っていたことのいくつかは、向こうから、こうしてあげるよと周りのサポートが得られたり、色んなピースが揃っていくように、いつもよりも、スムーズに進んでいきます。

奇跡は起きます。

ただ突然、天国のような世界が目の前に開くのではなく、普段のままの自分の感じ方、考え方、行動のまま、チャンスはやってきます。

だから途中で、いつものように不安になったり、怖じ気づいたり、こんなことはやめようと、さしだされた機会を、前に開かれた扉を閉じようとする気持ちや考えもわいてきます。

チャンスをつかむには、普段の自分を一歩越えていく、自分を制限してる壁を崩していく、自分や他人、目の前の現実や未来を信頼していくことを同時に試されていきます。

というより、素直で、なにごとにもオープンな人、受け取り上手な人は、より奇跡を受け取れる素地がある人です。

そして導かれた旅には、できるだけ安全に快適に旅ができるように、できる限りのサポートが入る、といつも感じています。

行ってみたペルーは、ふたり旅ながら、長旅のバックパッカーの友人とは時には別行動で、よいホテルへ泊まったり、それぞれのペースでお互いが自分に心地よいベストだと思う選択をする旅を、前回の彼女との旅とは一歩進んで、初めて体験した旅でした。

旅にまつわるシンクロやミラクル話はまだまたたくさん。少しずつ、そこで感じた直感やシンクロをのみわけかた、キャッチ法、チャンスをどうするのか、といった基本をお伝えしていきます。

お宝マップを作ることがどうして夢やシンクロ、直感につながっていくのか、その話もまた別の機会に。
[PR]

by glaurie | 2015-04-09 12:25 | 不思議話

夢のような引き寄せとシンクロのチャンスは必ずある!   

f0036028_834346.jpg
シンクロや引き寄せには、夢が実現することを願ったり信じていなくても、やってくるときはやってくる、というのを身近でも自分でも体験しています。

ですから、お宝マップに、夢のような夢を描くのも自由で、時にはそんな夢が叶ってしまうこともあるのが、宇宙やシンクロ、引き寄せの不思議なところ

では何が大切か?ということを実例を読んでいただきながら、感じてみてくださいね。後半部分でヒントを書いていきます。

フランス好きの友人がフランス旅行を懸賞であてたとき、会社の上司からの反対で、旅行には行くことができませんでした。懸賞なので、他人にも譲れず、泣く泣く旅をあきらめた友人。1通だしたハガキが、何万という数から当たったという幸運を逃したかのように、はた目には見えました。

また大好きなフランスに、夏休みにでも自腹で行けばいいよね、というようなことを伝えたら…。

彼女は、諦めてはいませんでした。

悔しそうに、また当ててやる!と意気込んで、上司に宣言したのです。

すると、今度は別の懸賞で、またフランス旅行ペア旅行を当てたのです。ふたたび、ものすごい当選率で、1年もたたないうちに。

そして上司に約束した通り、旅立っていきました。

本当に確率にしたら、ありえないほどラッキーな話です。引き寄せには、楽しいエネルギーじゃなくても、絶対にまた当てる!という、強い決心のエネルギーが、引き寄せたのだと思いました。

この友人は、大ファンの芸能人とも、直感を信じて、色んなシンクロの重なりのチャンスを利用して、数年を要して、彼が名古屋に来るときは、直接電話がきて会う間柄になっていきました。いちファンを超えて知人になった、というのでしょうか。

望めば本当に、シンクロのチャンスもやってきます。直感からのメッセージをキャッチして行動して、チャンスがやってきたら、疑わず、躊躇せず、迷わずに、ひとまずそのチャンスの波に乗ると、次のひと波がやってきます。

どの波がチャンスの波なのかを感じとって、波に次々に乗っていくと、最終地点の、

夢にも思わない、見知らぬ誰かが宝くじにあったかのような、子供が想像する遠いおとぎ話のような夢も実現するんです。


夢がかなうのは、年数にしたら、何年もかかる場合があります。

別の友人は、高校時代、私はこんな人と結婚するの、という夢を語っていました。アメリカ人で都会生まれ&育ちで、背が高くて、ものすごく頭良くて…。

あなたとそんな素晴らしい人がどうやったらいつどこで知りあうの⁈と思わずつっこみたくなるような高い理想を語っていました。

その10年後、アメリカへようやく渡り、旅行社で働いていた彼女に、たまたまお客としてチケットを買いにやってきた男性と出会い、何年も付きあってゴールイン。その彼は…NY生まれ&育ちで、まさに、彼女の語っていた理想よりもさらに素晴らしい⁈方のようでした。

信念のような夢、強い思いの夢は、色んなエネルギーを動かして、チャンスをもたらしてくれるんですね。

その彼女にしろ、彼のひとことの誘いに、乗るか乗らないかは、大きな運命の分かれ目です。常識やら、こんなんありか?なんて思ったら、チャンスの波はさっと波のように去っていきます。波を逃したら、次の波をよべばいい。次の波を呼ぶのも、やはり、あきらめないこと。

夢のまた夢は、色んな形があっても、その叶うには、まずは、やってくるちゃをキャッチすることが基本。

また次回も実体験を交えて、引き寄せやシンクロ、お宝マップについて語っていきます。

[PR]

by glaurie | 2015-04-08 22:22 | 不思議話