<   2015年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

ハロウィンと自分にとっての特別なもの   

f0036028_22203066.jpg

ハロウィンと共に終わる10月。明日からの11月はがらっと空気が変わりそうです。

行楽や実りの収穫の秋。

春が始まりだとすると、秋は冬支度へ移る移行の時期ですね。

年末へ向けた準備だったり、

衣替えの準備など、使わなくなったものを整理したり、新たに引き出しを開ける時期です。

物に限らず、自分の中の引き出しを開けるとしたら、

どんなお宝が眠っているでしょう?

あなたが、高価な食器や衣類を買ったとき、

特別な時だけに使うためにとっておいて、

普段は普段使いのものを使うようなタイプであれば、

確実に、自分自身の中にも、

表にあまり出さないで

隠している素晴らしい特技や才能があります。

イベントや特別な時のためにとっておく、

というのは、何か素敵なことがあるときに

出すもの、みせるもの、という意識が根底にあったりするので、

奥深くに大切にしまいこんでいます。

普段からこだわらずに身の回りのものを時々循環させるように使うことで、

エネルギーの流れもよくなり、動きが出てくるので、

チャンスや直感もやってきやすくなります。

素晴らしいものをしまいこむのでなく、

表に出してこそ、人の目にふれたり、だんだんと自分が気持ちよく感じ、その気持ち良さが当たり前のようになっていくでしょう。



[PR]

by Glaurie | 2015-10-31 22:00

牡牛座の満月と自分の輝きに気づくこと   

f0036028_23294775.jpg

牡牛座の満月に、五感を刺激したり、感性を豊かにすることに意識を向けて、

つきつめていくと、自分だけがもつ感性、個性ということに向きあうことになります。

誰かと同じ風景や絵、本を読んだとしても、

少しずつ、感じ方が違っています。

その時の気分が反映されることもあれば、

その人自身をよくあらわすような見方、というのが存在しています。

それは、価値観や大事にしている感性ともつながっています。

自分だけの感性に気づいて、個性として大切に尊重していくと、

自分らしさや、自分がどんな風にまわりに影響を与えているのか、自分が存在していることでまわりに放っている「光」の美しさに気づくことにもなるでしょう。

自分という存在は、光の存在に気づかないときは、三日月のような光の反映にしか思えなくても、本当は、満月の月のように、大きな光を放って輝いていることに気づくのです。

[PR]

by Glaurie | 2015-10-27 23:16

牡牛座の満月に一歩踏み出す   

f0036028_22083040.jpg

日に日に月が満ちていくのを窓辺から眺めながら、明日は牡牛座の満月となります。

このところ、満月に向けて、色々なことが、統合されていくように、

生まれ変わっていくような、

新旧交代のような時期を迎えているように感じています。

勇気を出して、前に一歩進んでください、とすすめられています。

様々な変化は、身の回りにもさざ波のように広がっていきます。

この時期は、どうこの先を進んでいきたいのか、心から望んでいることにフォーカスして、イメージをしていくことが、

海の航海の道標になりそうです。
[PR]

by Glaurie | 2015-10-26 22:00

未来の不安よりも希望や喜びを感じると   

f0036028_21504002.jpg

心配をするときは、未来に悪いことが起きる想定を想像したり、不安という感情で、目の前の現実を曇らせ、今の素晴らしいことよりも、その先にある、自分で作りあげた陰にエネルギーを注いでいます。

先日、母の旅行にあわせて預けた猫に、歯石取りをお願いしていたら…

進行していた歯周病で、骨まで溶けだしていたので、歯を犬歯以外抜いて、帰ってきました。

予測しなかった展開に加え、高額の治療費にも驚きながら、

命にも関わる状況だったこと、預けた猫は公園に住んでいたまだ若い猫だったこと、その時に一緒にいた同い年の猫達も半数が亡くなってることなども考えてみました。

そう思うと、今回、全身麻酔や強い薬の影響もなく、今元気な姿でいること、よいタイミングときっかけで治療を受けられたことは、とても素晴らしいことなのだ、と気づきました。

未来に起こる不安材料を探してブルーになるよりも、今現在にできること、今の地点に存在する、よいものをみつめて時間を一緒に過ごすことを選ぶほうが、今を生きる、ということにつながる気がしました。

安心を感じたいから、不安を取り除こう、として、不安を消そうと格闘するよりも、

今の目の前の出来事から、どんな気分でいることを選ぶのか、どんな風にいたいのか、そんなことを考えてみるのは、どのようなことにも使えますね。

喜びの方へ気分を向けたり、希望をみつけることが習慣になれば、地に足をつけて、現実に対処していく、ということもできそうです。



[PR]

by Glaurie | 2015-10-24 21:17

あなたの中の宝をみつけるヒント   

f0036028_23145382.jpg

ずっと続けてきた様々な別のことが、ある瞬間、ある地点で、実をつけてきた、と感じたり、繋がっでいた、と気づくことがあります。

そして、数年にわたって続いていた、続けてきた、というものは、

ただ純粋に、好きだから、楽しいから、という気持ちが根底にあって、

気づいたら生活の中に当たり前のように、とけこんでいた、ということが多いです。

目標を持って、ゴールに向かうように前に進むことも、エネルギーをそこに集中することになるので、そういうことが好き、という人も多いかもしれません。

継続は力なり、という言葉があるように、

注いだ情熱や、気持ち、時間やエネルギーは、

必ず何か新しいものを生み出します。

ない、と思っていたものが、実はあった、ということに気づきます。

はじめは、ただ気づかないだけで、

始まりの前は、目に見えない種や、ダイアモンドの原石のように、自分の奥深くに、眠っているのです。

見つけるのも、磨くのも、きっかけは何であれ、本人がそれをしよう、と決めることからスタートするのです。


[PR]

by Glaurie | 2015-10-22 22:57

落ち込んだときに早く立ち直るには   

f0036028_23304355.jpg

うっかりミスをして、その結果や影響にすっかり気分が落ち込んだようなとき、

自分を叱ったり、自己嫌悪に落ち入ったり、必要以上に気にして、引きずることがあります。

そんなとき、

同じことをあなたの友人がしたとしたら、

どんな言葉をかけて、どんな風に、その一連の出来事をみるでしょう?

きっと、もっと優しくあたたかく、接するはず。

友人に接するように、自分に声をかけることを意識してみると、

自分に対しての愛情や理解が深まり、毎日がどんなことが起きようとも、大丈夫、と思えるようになっていきます。


[PR]

by Glaurie | 2015-10-19 23:18

秋の眠気は転換期か自律神経からのサインか?   

f0036028_22144357.jpg

秋晴れとともに今日の最高気温は27度。朝晩と昼間の寒暖差が大きいです。

この時期に感じる眠気は、気温の変化による自律神経の乱れであったり、

季節が変わるように、転換期を迎えているから眠い、という様々な理由が考えられます。

転換期を迎えているとしたら、

少しずつ、身の回りに変化を感じているかもしれません。

仕事面などで、これまでずっとやってきたことが終わりを迎えて、何か新しいプロジェクトの話がもちあがったり、

身の回りの持ち物や電気製品が、そろそろ替え時になってきた、など、

サイクルが変わっていくようなサインが出始めます。

そのような兆しがなくて、体が疲れやすい、夏バテのようなだるさを感じるのであれば、

体調を整えるために、衣類を寒暖差に対応できるように調節したり、

食事の栄養バランスを意識してみる、軽い運動やストレッチを取り入れるなどのアプローチをしてみて、眠気やだるさが解消されるか試してみるのもよいでしょう。

体からのサインに従って、眠い時には眠るのも、自然の流れですね。
[PR]

by Glaurie | 2015-10-18 22:00

天秤座の新月に感じること   

f0036028_22321937.jpg

今日は天秤座の新月。これまで水やりをしてずっと心待ちをしていたようなことが、少しずつ、花が開いていくような、そんなふうに、形になっていくことがあります。

これから思い描いていくことも、ずっとエネルギーを注い続けていくことで、だんだんと形をあらわしていきます。

何かを始めたい、そんな気持ちが、種となって、芽がでると、花となり、実となり、収穫の時期を迎えていきます。

これからエネルギーを注いでいきたいのはどんなことなのか、そんなことを自分に聞いてみるのも良さそうな新月です。
[PR]

by Glaurie | 2015-10-13 22:19

天秤座の新月のメッセージ   

f0036028_22383075.jpg

明日は天秤座の新月。夜、テレビをつけて目に飛び込んできたのは、ギリシャの島を舞台にした「マンマミーア」の映画。

ギリシャの島に目がしばらく釘づけになりました。初めてのひとり旅でギリシャの島々を巡った思い出が出てきました。

多大な恐れや不安の塀を越えてみたら、「自由」があった、というような、ひとつのターニングポイントとなった旅。

このタイミングをシンクロとするならば、今回の新月は、恐れを越えた一歩先には、自分の知らなかった素晴らしい世界が広がっている、といえそうです。

[PR]

by Glaurie | 2015-10-12 22:22 | 新月と満月

すきま時間からの発見。   

f0036028_22225480.jpg

同じ行動を繰り返しているうち、知らず知らずのうちにパターン化していることというのは、すっかり無意識に入りこんでいる、と気づいたのは先日のこと。

仕事から次の予定まで時間があったので、カフェに入るか、書店などのお店へ行こうとしました。

ふっと、近くに公園のようなスペースのある場所へ行ってみよう、という気になりました。

そして奥の方まで歩いていくと、池を囲むように様々な木々や花があり、椅子に座って眺めてみると、街の中にいることを忘れてしまうような空間です。

これまでこの場所に来たのは2〜3回でしたが、カフェやお店の方しか視界に入ってなかったのです。

同じ場所に来ていて、今は、目の前には全く違う世界がみえている気がしました。

そして時間も、これまでのカフェに入ってメールをチェックして過ごしていたときよりも、ずっとゆったりと時間が流れていくのを感じたのです。

そしてもうひとつ気づいたのは、あまりにも同じ行動を繰り返していると、だんだんと目の前にある他の選択肢に気づかなくなって、本当に無意識にいつものパターンのいくつかしか、浮かばない、ということ。

考えてみれば、何をしても自由なのに、自分の中で見えない枠のようなものをいつの間にかこしらえていたのですね。

新しい世界に飛び込みたかったら、これまでと同じ考え方や感じ方、行動を変えていくことが、きっかけになるのでしょう。


[PR]

by Glaurie | 2015-10-08 22:11 | 身のまわりの出来事