2017年の始まりは信じてゆだねる   

f0036028_22341300.jpg

2017年となりました。
昨年末、クリスマスあたりから何とかしたい、と思っていたことが、新年に入り、あっという間に解決されました。

それは偶然のタイミングでやってきました。

去年は、何が原因だろう?
という探すことから始まり、
徐々にその核心に近づき、
どうもこれらしい、とわかってきてから
大晦日に対処方もみつかりました。

後はしかるべき場所と時間があれば、
と思っていたとき、
名古屋にやってきた姪の
「〜へ行きたい」というひと声。

遊びに行ったら
ついでに悩みの用事もすんなり済んでしまったのです。

思えば、以前からこのようなパターンは
幾度となく起きていました。

思いあぐねていたや願っていることは
違うルートから解決や叶う道が偶然のように
やってくることがあります。


今年もゆだねて任せる、信頼する、
という姿勢を持ちながら
進んでいきたいです。
[PR]

# by Glaurie | 2017-01-01 22:17

山羊座の新月前と2016年   

f0036028_22354385.jpg

明日は山羊座の新月。
年が開ける直前の新月は、2016年の自分のテーマが何であったのか、来年がどんな流れになっていくのか、しっかりと腑に落ちるような感覚を受けるかもしれません。

一見すると、混沌にしかみえない出来事の中にも、自分が向き合うことで、初めてわかること、発見することがある、と感じています。

それは、今まで超えられないと感じていたものが、ただの自分の幻想だった、とわかったり、世の中の一般論を信じすぎていただけ、と気づくように、視界が広がるような感覚を覚えるかもしれません。

いずれにしても、自分が気がついた瞬間、目の前のブロックは、砂の塔が崩れるように、形をなくしていくのでしょう。



[PR]

# by Glaurie | 2016-12-28 22:22

年末浄化ワークと来年のテーマ   

f0036028_22552820.jpg

12月に入ると、全てがスピードアップして年末へ向かっていくような空気を感じます。

先日、気軽な年末浄化ワークに参加をしてきました。

1年を振り返りながら、ワークをして、最後にひとりひとりカードリーディングをしていただきました。

テーマを来年についてにみてもらうと、自然にどんな年になるのか、カードの展開でわかってくる、と聞いていたのですが、本当にその通りでした。

今の自分をベースにして、来年はこんな感じ、というテーマが出てきます。

私は深く自分と向き合いながら、これまで学んでいたものをさらに統合的につなげていくことになりそうです。

そしてそれらを表現していくこともテーマのひとつ。

自分の中では、腑に落ちるように、ジグゾーパズルのピースがうまっていくのでしょう。


[PR]

# by Glaurie | 2016-12-19 22:30

双子座の満月と新たな章の始まり   

f0036028_22351503.jpg

昨日の雨とはうって変わって、
こうこうと輝く双子座の満月の月明かりに、
心の中からわいてくるのは
ある種の決心や覚悟かもしれません。

何かを終わらせる、と決めれば、
新しく始まるものが必ずやってきます。

新しい何かは、ずっと前から芽を出すタイミングを待っていた物です。

ひとつを決めれば、
閉まる扉と共に新たに開く扉があるのです。
なかなかふんぎれないものがあるときは、
未知の未来の不安を、
新しい冒険が始まる、
と置き換えてみてください。

ひとたび冒険に乗り出す、と覚悟を
すれば、様々なハプニングや
予期せぬ出来事も、
自分の手に負えないほど
大きくはなく、
新たな章に飛び出すおまけのようなもの。

そんな風に少しでも感じられたなら、
自分自身が今まで以上に力強く、
頼り甲斐のある、信頼できる存在だと
いうことに気づきます。

[PR]

# by Glaurie | 2016-12-14 22:23

自分自身の輝きに気づくヒント   

f0036028_22383437.jpg

女性と話していて
「自分の美しさ」を謙遜したり、
控えめに捉えているのはもったいない、
と思うことがたびたびあります。

笑顔などの表情や色んな仕草が
可愛らしい、明るい、さわやかな雰囲気、
というのも光を放つ
美しさの表現のひとつだとしたら、

自分がどれだけ
無意識に光を放っているのか、
まわりにどんなよい影響を与えているのか
気をとめてみるとよいかもしれません

自分を卑下することなく、
ひとつの輝ける存在だということに
気づくだけでも、
自分自身が光を放つ存在であること、
美しさを持つ存在であることに
気づくでしょう







[PR]

# by Glaurie | 2016-12-08 22:20

射手座の新月に枠を超えて一歩を踏み出す   

f0036028_21565755.jpg

今日は射手座の新月。

普段はしないこと、
やってみたいと思いながら
なかなか一歩が踏み出せないことを、
勇気と冒険心を出して

自分の枠から飛び出してみる。

自分への思い込みが変わったり、
これまで知らなかった世界が広がっていくかもしれません。

ここまで、と決めているラインは、
案外軽く超えられるものです。

まずは、自分で自分に対して抱いているイメージを少しだけ変えてみる、

自分を信じて行動してみる、

そんなところからスタートしていくと
不思議なくらい、
これまでとは違った自分と出会えるでしょう。

[PR]

# by Glaurie | 2016-11-29 21:47

牡牛座のスーパームーンとメッセージ   

f0036028_22280222.jpg

ひょんなことから不定期で始まった、スピリチャルお話会。

私はその日の朝の気分で、
色んなオラクルカードの中から
ひとつを選んで持っていき、
話題がひとくぎりした時や
関連がありそうなテーマになったときに
皆でひいてみます。

自分ひとりで使っているときは、
だいたい似たようなカードがよく出てきて
このオラクルはこんな感じなんだ、
という印象を持っていました。

不思議なもので、複数の人達で、
それぞれが個人的な質問や
今の自分に必要なメッセージを
求めてカードをひいてみると、
個人個人でずいぶん内容が違ってきて、
それぞれ独自の一貫したメッセージというのが
浮かびあがってきます。

私自身もそのように、
わかりやすいメッセージが何度も出てきました。

簡単にいうと、ペースを落として
しっかり自分の時間を取って
休息しなさい、という内容です。
f0036028_22280337.jpg

実はこのメッセージ、
先月のオラクルカードの勉強会で
全く違ったカードを使っていながら、
今の自分に必要なメッセージとして
出てきていたのです。

自分では自覚がなく、
休みは人より多いだろうし、
しっかり休んでいるつもり、でいたのです。
これだけ何度も出てくるということは、
根本から休みに対する考え方や捉え方も
変えてみる必要がありそうです。

そしてスーパームーンの満月が近づくにつれ
思いきり、身の回りの持ち物を捨てたり、
整理したくなってきました。

それに対して、何もしない時間をつくるのが
何よりです、というメッセージは、
私自身が、魂とのつながりを保つためにも
必要なことなのですね。






[PR]

# by Glaurie | 2016-11-14 22:00

さそり座新月の暗示   

f0036028_22073775.jpg

今日は2度目のさそり座の新月。
心の奥の、変わりたいという願いは、
無意識にこれまで続けていた何かを
壊して新しいものを生み出したり、
これから新しいスタートをきっていくことを
決意するのかもしれません。






[PR]

# by Glaurie | 2016-10-31 22:00

体の感覚がNOを伝えるとき   

f0036028_22332608.jpg

朝晩が涼しくなり、夏の暑さから解放されるかのように、体の力も抜けてリラックスモードになっていくようです。

体のどこかに余分な力が入っているときは、
無理をしていたり、不安や緊張が体に伝わっているときです。

余計な心配や気がかりがない、
自由でのびのびした気分でいるときの体の状態を
意識してみると、
肩や背中は軽く、呼吸が深くなっていることが
わかるでしょう。

体の感覚に気をつけてみると、
自分にとって最適でないもの、快適でないものを
見分ける手立てになります。

頭で考えて、理性を通してOKだと思っていても、
体の感覚を通して直感がNOを伝えてくることがあります。

快調だった体のどこかに、一瞬異変を感じるとき、
胃がきゅっとなるような感覚や
呼吸が浅くなるような感覚など、
体の感覚を通してNOを伝えてくるのです。

そんな風に体のサインに注目してみると、
新たな発見があるかもしれません。












[PR]

# by Glaurie | 2016-10-15 22:06

人に迷惑をかけることの捉え方   

f0036028_23205133.jpg

まわりの人のことや世間一般の常識よりも、自分のこうしたい、という希望や思いに従って選択や行動をする、

そんなことをしたら、非常識やわがままだと思われたり、迷惑をかけるかもしれない、と思う癖がついていたなら、

それはある意味、子供の頃から
自由きままに振るまおうとして
まわりからストップをかけられたり、
制限をされたことがきっかけとなって、
大人となった自分に、心の中の声が
自分を戒めるようになっているかもしれません。

長野にいる間、ワークの内容に関連して、
偶然のように、あるチャレンジをする場面が出てきました。

お昼に食べたいものを聞かれて、天ぷらそば、と答えて、数件のお蕎麦屋さんが候補にあがりました。ネットで調べるよりも直接お店へ直行。
玄関に「天ぷらそばはおいていません」と張り紙がしてあったり、お店に入ると、メニューに天ぷらそばはなかったりで、

だんだんと天ぷらそばはあきらめて、違うそばでもいいか、という気になってきました。

前日に、自分が欲しいものは欲しい、を実践されている人の話として、「お店の人に聞いて、自分の食べたいものがない、と聞いたら、ああ、そうですか、じゃいいです、とはっきりと気にせず出て行く」と聞いたとき、皆口々にそれはできないかも…とつぶやきました。

その話をまたしながら、ふたりで実践です。
お茶を持ってきたお店の人に、天ぷらそばないんですね。と言って、出て行くことに挑戦です。にこやかにどうぞ、と言われてちょっぴり罪悪感。ごめんね、おばちゃん。

そして気づくこともあります。
長野から帰って、
ある光景を目にして思いました。

時折、誰かが自分に迷惑をかけたとき、
相手がそれをなんとも思ってない、
あやまりもしない、
と言って怒る人は、

小さな頃から、人に迷惑をかけてはいけない、
といって、自分を抑えるように育てられています。

自分がそんなルールを持っているので、
自由に平気で他人に迷惑をかけたり、
好きなようにしている人が、
信じられない、という怒りの気持ちや
ずるいという気持ちが
沸いてくるのでしょう。

自分には許されなかったことが、
自由にできている人がうらやましかったり
人の手を借りる、わずらわすことに
色んな思いがあります。

一方で、自分が迷惑をかけることを
普通にしながら生きてきた人は、
迷惑、という感覚や捉え方は少ないので、
人に頼ったり助けられたり、
を自然な感覚でしていきます。

誰かが自分になにかをしたとしても、
ちょっとした相手の言動や
行動に寛容になれるのです。

f0036028_23205236.jpg



[PR]

# by Glaurie | 2016-10-03 22:22