フラワーエッセンスのききめ   

 最近、こころなしか、フラワーエッセンスのききめが早い気がします。
以前は、同じエッセンスが2ヶ月くらいずっと必要とでていたのが、このところでは、
1クール(2~3週間)くらい飲用すると、もう次の時には必要なくなっているのです。

 もうかれこれ5年間くらいフラワーエッセンスを定期的に飲んでいるためなのか、
なぜなのか理由はわかりませんが、よいことではあります。

 ひとつの理由は、選んだエッセンスをみて、ああやはり今はこの部分のバランスが
くずれているのだなとか、やはりそうか!と納得することも多いので、多分その気づき
だけでも変容の力があるのだと思います。

 フラワーエッセンスは、身体に直接働くというよりは、身体のオーラ(気)のバランスを
とることに優れています。体の気のバランスというのは、ある程度気持ちを整えるだけで
整ってくるので、気づきの瞬間からとエッセンスのバランス調整能力で、最近はやめに
きいてくるのかなとも思います。


 

 
[PR]

# by Glaurie | 2006-02-06 11:48 | フラワーエッセンス

写真撮影   

 アロマサロンの広告にのせる写真をふたたび撮影しました。

 というのは、営業の方が言うには、施術者と受けている若い女性が気持ちよさそうに
している写真が効果的と聞いたからです。

 よくわかりませんが、そのようにしてみました。果たして本当に効果がでるのか、来月
になったらわかります。

 なんだかだんだんためらいなく、写真(といっても小さいのですが)を出すことも抵抗
なくなっていくのがこわいと思うこのごろです。
[PR]

# by Glaurie | 2006-02-05 13:25 | アロマセラピー&カラーセラピー

アロマテラピー検定のテキスト   

 今アロマテラピー検定向けのテキストを作っていますが、だんだんと協会が出している
テキストも進化してきている気がします。

 脳の図解が増えていたり、以前よりわかりやすく、中身も少しおしゃれになってきたような。
でも、これを全くの初心者にわかりやすくするのはどうしたらよいだろうと頭を悩ましています。

 テキストには、「既往症のある方のための注意」とか、ところどころきっとすぐにはわから
ないであろう、単語も随所にあるし、そのへんもっとどうにかならないのだろうかと思ってし
まいます。

 アロマでない、というか健康のことなども多いので、日によっては、アロマでない内容ばかり
の時もでてきそうな。うーん、なんとか工夫したいです。

 

 

 
[PR]

# by Glaurie | 2006-02-04 09:28 | アロマセラピー&カラーセラピー

フラワーエッセンス   

 前回飲んでいたフラワーエッセンスがなくなったので、また自分用に調合してみました。
やはり、前回とは全く違ったフラワーエッセンスが必要になっていました。


 ひとつは、フィンドホーンのアップル。やる気を起こしたり、障害を取り除いて積極的な
行動に促してくれる作用があります。ちょうど、テキストをもういい加減作らねばという差し
迫ったところなので、たぶんこれに向けて必要なのでしょう。

 あと、シルヴァーウィードというエッセンスも選ばれたのですが、これは物質への関心や
欲望から心を引き離すのに役立つというとおり、私がこのエッセンスを飲むときはいつも、
買い物に目を奪われている...というか、欲しい物がたくさんあるときに、なぜかでてきます。

 なので、私にとってこれがでる時は、不必要に何か買ってしまいそうなときであるのです。
こんな感じで、今をまさにあらわしているなあと思います。
[PR]

# by Glaurie | 2006-02-03 10:33 | フラワーエッセンス

フラワーエッセンス   

 ちょうど飲んでいたフラワーエッセンスが昨日でなくなりました。
ふと気がつけば、ちょうど飲んでいたフラワーエッセンスの各テーマに関して、
ききめ(?)があったように思います。

 ひとつは、人への親しみを表現するとか、生き生きとやる気がおこるなど・・・。
ちょっと前までなんだか停滞気味なかんじだったのですが。

 人見知りの激しい私が、めずらしく新たに知り合った人と、また遊びにいく約束
をしたり、他にも仕事や遊びに関してちょっとわくわく感などでてきたり。

 昨日は、そんな自分に、なんかいつもと違うなあなんて思っていたのです。
でもちょうどフラワーエッセンスがなくなって、何飲んでいたっけ?と見返すと、
あー、これはフラワーエッセンス効果?なんてかんじのエッセンスが入っていた
のを発見。

 こういう風に知らない間に、ふわっと変化があらわれてるとうれしくなります。
[PR]

# by Glaurie | 2006-02-01 16:11 | フラワーエッセンス

広告費と集客について   

 サロンを開業するにあたって、びっくりしたのが広告費の高さです。
あまりこの手のことは調べてなかったので、この施術料金に対してこの広告費か~と
ちょっととまどいを感じました。

 それ以来、何を見るにも広告費のことが頭に浮かんできます。高価な化粧品など原
価は1%でほとんどは広告費なんて聞いたことがあるのですが、(これも定かじゃない
のでなんとも言えませんが)そうかもしれないなんて思ってしまいます。

 で、広告をのせたとたん、驚いたのがセールスの多さ。毎日毎日、あれやこれやと
かかってきます。これにはちょっと辟易。

 広告のよさは、多くの人にアピールできるという点ですが、やはり枠を大きくしてよさを
アピールしないと人はきませんし、かといって町のど真ん中でもないところにわざわざ
来る人は多くないです。それから、安くなっているのにつられてくる人は多く、この日の
この時間が空いていないというと、じゃあいいですという人も多いです。

 そして思ったのは、やはりちょっとした知り合いの人とか、一度私に会ったことがあって
来てくれる方のほうが、なんとなくいい感じではあります。

そう考えると、広告費に10万かけるより、交際費に10万かけて、知り合い増やした方が
いいのかも、なーんてことも思ってしまうこのごろ。まだまだ試行錯誤の日々は続きそう
です。

 

 
[PR]

# by Glaurie | 2006-01-31 14:19 | 開業後のつぶやき

アロマ講師にも華やかさは必要?   

 メイク教室に行くきっかけとなったひとつの出来事。

とある会社のイベントでアロマの単発講座をすることになりました。
普通に普通の格好をして出かけていきました。

 そしたら・・・。控え室には他の講師の方々がいたのですが、講演をされる方もいたせいか、
まるで皆さん芸能人のように、華やかなオーラが・・・。服装ももちろんなのですが、な、なん
だろう、このパーティのような雰囲気は。

 友人も講師として来ていたのですが、「さっきみた男性も年はわりといってると思うけど、
まるで芸能人のようだったよ。」 えー、そ、そうなの...。男性も?

 私はといえば。「先生は誰ですか?」と入ってきた生徒さんから聞かれる始末。
こういうのって、アロマでもそれらしくしないといけないのだろうか。
アロマって、ナチュラルって印象でいいと思っていたのだけど・・・。

 よくわかりませんが、その場にあったTPOって必要なのかも。
もっと、そのイベントのことなど、ホームページもチェックしたり、服装などさりげなく聞いて
おけばよかったと思いました。

 というわけで、ちょっとメイク教室なぞ行ってみる気になったのでした。
そして、仕上がったメイクは、ものすごく化粧してますって感じはなく、自然でありつつ、
ポイントをおさえた艶のあるメイクなのでした。

私は、きっと、地味とナチュラルを一緒にしていたのね。と反省。
とにかく。人に会うという仕事には、生き生きしたかんじは必須なのだなーと思いました。
[PR]

# by Glaurie | 2006-01-30 11:10 | アロマセラピー&カラーセラピー

写真の秘密   

 昨日アロマのスクールで一緒だった子から電話がかかってきました。
というのも、ある小さなカルチャーセンターの講座募集を見て、私の名前を見つけたからです。

しかし、彼女の言うには。「やっぱり~?珍しい漢字だからそうかなあと思って。
でも写真がなんか違うし、あれーと思って電話したの。」

 うっ・・・。
そうなのです、その写真には秘密が...。

 先月、がらにもなく、友人に誘われてメイク教室に行ってきました。その時先生に手直しを
してもらった直後に撮った写真なのです。

 私はどちらかといえば、日本的なあっさりした顔。ふだんは、メイクもしているのですが、
時々ノーメイク?と言われるほど、うすい(?)というか、あっさりに見えるらしいです。

 なので、メイク教室では、しっかりマスカラ&アイライン、眉毛もまるで違った仕上りとなり、
私とそれほど親しくない人がみたら、まるで別人の出来上がり。

 そうよねえ、やっぱり別人にみえるわよねえ、となんだかうれしいような悲しいような。
メイクの力はすごい。&ちょっと発見。

その日は1日、先生に教えられたとおりに、自分で化粧しては、また落とし、そしてまたメイク。
を何度か繰り返していたのですが、ずっと顔に神経を集中していたせいか、口角やら目尻やら筋肉までupしていくのが、自分でもわかったのです。目も二重になってびっくりです。

なんだか肌もしっとりしてきて数を重ねるほど、メイクののりもよくなっていき...。
ただ単にメイクの力だけではないみたいなのです。

 たぶん、注目してあげるだけで、その注意をひいたものは多少活性化していくのかしら、
なーんて思いました。&最近、顔の筋肉を鍛えることを決意。

 それからメイク教室に行く直接的なきっかけとなったことがあります。
長くなってしまったので、この話はまた次回。
[PR]

# by Glaurie | 2006-01-28 16:46 | アロマセラピー&カラーセラピー

サトルアロマセラピー   

 今パトリシア・デービスの「サトルアロマセラピー」の翻訳版を図書館から借りて読んで
います。昨日も書いたのですが、昔読んだ頃とは違ってとてもしっくりくるというか、心に
ひびくところがありました。

 この本に書かれている、サトルアロマセラピーは、通常の肉体的・心理的に働きかける
伝統的なアロマセラピーと違って、もっと体のエネルギー(オーラとでもいうのでしょうか)
に働きかけるので、よりフラワーエッセンス的な働きをします。

 エッセンシャルオイルの各サトルレベルや体のチャクラへの働きについても書かれている
のですが、ぼんやりとこのエッセンシャルオイルは~だなあと感じていたことが、まさにぴっ
たりそのまま書かれてる!という感じで、再確認や新たな発見があり・・・。

 これを早く応用したい!とはやる気持ちを抑えつつ、このサトルアロマセラピーのワークシ
ョップ(次はいつになることでしょう)にも出たいし、受け手の状態、私の状態などなど、時期
が整うといいのですが。
[PR]

# by Glaurie | 2006-01-27 11:21 | アロマセラピー&カラーセラピー

アロマ資格勉強を振り返ると・・・。   

 アロマテラピーの資格を取るために勉強していた頃、何もかもいやになってくることが不定
期にたまにありました。

 会社で働き、家へ帰り、家事&勉強、スクール、早起き&雑用、その繰り返し・・・。
アロマはすごく好きなことではあるのだけど、スクールに行ったり、勉強していて、何か違うと
思い始めると、疑問が次々とわいてきて...。

何でこんなことまで覚えなければいけないのだろうとか、スクールで教えてることって日本的なただの詰め込み&暗記勉強?なんて思い始めると、資格って何だろう・・・とか、そんなことばかり考えてしまうことがありました。

そんな時期も過ぎ去り...。今ちょうど、テキスト作りなどのため、今一度、色んな本を見直したり、関連のある本を読んだりしています。すると...。

 昔読んで、今ひとつ理解できないこともあった、パトリシア・デーヴィスの「サトル・アロマセラピー」。その頃はまだただのアロマ好きだったから(?)理解できなかったのか・・・。

 今読むと、とてもしっくり、他で学んだことや体験したこともあり、やっぱりそうなのね~と、
納得してみたり。この差は何だろう...。

 やはり、体験や実践のないことを頭で覚えるのは大変で、ある程度実践が伴ってから学ぶ
ほうが体に吸収されていくのかな?なんて思いました。

 でも今、テキストを作るのは、ほぼ全くの初心者が対象。
ならば、私がスクールで感じた、これって??と感じないように、わかりやすさ&楽しさ&興味へとつながるように、体験ができつつ、かつ覚えるということにもつなげていかなくちゃと意気込み。

ついこないだまで教えられていた立場だからこそ、わかる気持ちも忘れずにいきたいと思います。
[PR]

# by Glaurie | 2006-01-26 11:12 | アロマセラピー&カラーセラピー