「ほっ」と。キャンペーン

繊細な感覚を自分自身に対して向けていくこと   

f0036028_22401973.jpg

人よりも気配り上手で繊細な感覚を持っている人が、疲れやすかったり、気分がすっきりしないと感じていることがあります。

色々な原因のある中で、
他人に気を使うのと同じように、自分の気持ちや状態に気持ちを向けているかという観点でみてみると、

自分自身の状態や気分には、あまり気を配っていないという場合は、気持ちや身体の疲れの小さなほころびも、何も気づかれないまま、積み重なって時間が経って初めて気がつく、ということが起きています。

他人に対して、気配りするのと同じように、自分自身に語りかけたり、小さな変化に気づいてください。

長年の習慣から無理だと感じたとしても、
1日の終わりに振り返って、

小さな不機嫌や不快を感じた瞬間のこと、
少しの疲れを感じた瞬間のこと、
いつどうなっていたのかを自分自身で感じとって気づいていくことを練習のように始めてみてください。

すると、自分が予定していたことがダメになったから少し気分がふさいだこと、朝電車で座れなかったこと、たくさんの小さなことで、気分や身体がマイナスのように受けとめていたことが出てきます。

そこで出てきたことに対して、
「あのとき、Aがこういった言葉に対して反応して、こう感じていたんだ、ほんとはこう思ったんだ。」というように、自分の気持ちや揺れ動きを受けとめる作業をすることで、

無意識に埋もれていた「不快」や「違和感」といった自分の感覚に気づくようになります。

するとだんだん、「傷つき」や「怒り」、「やっかみ」や「妬み」というような、時にはあまり自分で認めたくない感情や隠しておきたい本当の気持ちの存在が現れてくることがあります。

気づいて存在を認めるというだけで、これまで奥深く沈めて蓄積される重いエネルギーや、違う形外に発散されることがなくなっていきます。

同じように小さな喜びにも焦点をあてて気づいていくと、エネルギーが充電されるように、マイナスに傾いていた視点が転換されてエネルギーが充電されていくように変わってくることがあります。

身体の疲れに対しても、同じように、いつからどんなときに自分の身体に負担がかかっていたのか、休息を与えることをしないでいたのか、気づいて認めることをしていくだけで、自分自身の疲れを感じる瞬間やきっかけがわかるようになります。

自分自身を大切にすることは、自分に気配りを充分にしてあげることから始まります。どのような面からであっても、それはひとつひとつが大切に扱っている、という感覚からはじまっていきます。



[PR]

# by Glaurie | 2016-05-10 21:41 | Comments(0)

名古屋5/15塗り絵マンダラワーク開催します   

f0036028_21494863.jpg

屋外ワークとして、塗り絵マンダラアートセラピーを来週5/15日曜日に名城公園で行います。

今回のテーマは、「ハートチャクラ」です。

新緑の美しい5月の公園を散策しながら、ハートチャクラを開くどはどんな状態なのか、

簡単な実践を体感していただきながら、

ハートマンダラに自分の感じるままの色をのせて絵を完成していきます。

最後はマンダラの絵からあなた自身についてのフィードバックをお伝えします。

f0036028_21494931.jpg

場所は、名城公園フラワープラザ
10時30分から12時過ぎまで、定員3名様です。
画材などはこちらで用意させていただきますので、手ぶらでお越しください。ワーク代3,500円は振込もしくは持参となります。

ホームページのお問い合わせフォームかお電話で詳細や申込みください。

[PR]

# by Glaurie | 2016-05-08 21:24 | Comments(0)

おうし座の新月のパワーをいかす   

f0036028_21571972.jpg

はるか彼方にある地平線を見渡せる場所にたどり着いたとき、視界は広がり、遮るものが何もなくなります。

不思議なもので、広大な風景が目の前にあることで、自分自身の気持ちの中を遮るものがなくなっていくような気分になります。

日の出と共に朝日を浴びることも、同じように、体や心の中の澱を消し去ってくれます。

明日は牡牛座の新月で、月の姿が現れない日となります。

月の光のない新月の日が、地球上の虫や魚、植物や動物などの生き物に大きな影響を与えているように、私達人間は、無意識の部分でも影響を受けています。

昔の人が迷信だけで種まきなどの日を決めていたわけではありません。

この牡牛座の新月は、現実的に計画を練りあげていく同時に、五感を豊かに楽しんでいくことが夢への到達をはやめてくれそうです。














[PR]

# by Glaurie | 2016-05-06 21:02 | Comments(0)

名古屋のパワースポット熱田神宮   

f0036028_22015786.jpg

三種の神器の草薙の剣(くさなぎのつるぎ)の話で有名な熱田神宮の中でも、あまり知られていないとりわけ強力なエネルギーを持つ場所があることを知ったのは、古神道を長年学んだ方のワークで案内されてのこと。

幾度となく足を運んだ熱田神宮でしたが、ガイドのような専門家にお話を伺いながら歩くのは、新しい発見の連続です。そして歴史を重ねた場所への畏敬の念が湧いてきます。

熱田神宮は、本殿へと続く道すがらの木々から感じる気や本殿付近の厳かな空気は、重みのある男性的なエネルギーです。

本殿の裏手に、こころの小道という木々が生い茂った道を歩いて行くと、その場所にたどり着きます。

ここでは、入り口を入るとすぐに、場が変わる、空気が変わるという体験を味わえることでしょう。

万が一、入ったときにわからなくても、その場を出るときに、空気感の違いを感じてみてください。まるで山を登っていったときのように、空気が薄くなったような感覚がします。

個人的な主観になりますが、熱田神宮では、開運というよりも、根気よく目標に向かって夢を叶えること、努力を続けることをあきらめないこと、目的を見失わず着実に向かっていく力をサポートしてくれるようです。




[PR]

# by Glaurie | 2016-05-04 22:00 | Comments(0)

続いて起こる予想外の出来事の意味は?   

f0036028_22561032.jpg

似たような出来事に、繰り返し遭遇すると、なぜ同じことが続くのか?と疑問が湧いてきます。

見知らぬ人から身近な人までが、目の前で「何かをする」とき、その出来事には、意味があって起きています。

自分自身の中で、「何かを変える」必要がある段階にきているとき、こうした「同じ出来事に遭遇する」ことがあります。

昔、奇妙な偶然のように、
「約束の日に相手が現れない」出来事が、
1ヶ月くらいの間に立て続けに起きました。

親しい友人から知人、予約を入れた店に至るまで、行ってみたらなぜか店が閉まっていた、という具合に、ありとあらゆる人との間で起きました。

相手は、真面目で責任感のある人達です。
急に、揃いも揃って、皆が約束を忘れるのは、おかしい、と思いました。

後日、これらの出来事の意味を私のガイドからメッセージを聞く機会を得ました。

私自身が、「約束を守る」ことに関して、自分に厳しすぎるので、

そんなに厳しくしなくていいよ、ということを天が私に知らせるために、同じ出来事に遭遇していたといいます。

つまり、何度も同じ出来事を体験して学ぶのは、自分の中の過度のルールを外すために、起きていたのです。

私が逆の立場、「約束を破られる」経験を通して、「約束を破られても相手は怒らないし、心配をすることもある」経験をして、

初めて自分が、「約束を守る」ことに必死になっていたことに気づく、アンバランスに気づくと、
その現象はぴたりとなくなります。

この人はこういう反応をするだろう、という性格や先も見越して、「経験を通して学ぶ」ために、同じ現象に何度もあうタイミングがあるのです。



[PR]

# by Glaurie | 2016-05-02 22:22 | Comments(0)

5月とGWに思うこと   

f0036028_23270371.jpg

5月が始まり、気持ちのよい青空が広がるGWです。よく散歩に訪れる公園も、ふだんとは違った活気にみちていました。

お盆やお正月のように大勢の人が一斉に休みを取ることが多いシーズンは、華やいだ空気がそこはかとなく漂うのを感じます。

日常を離れて、息抜きのようにリフレッシュをすることもあれば、大きなイベントを迎えたり、エネルギーを充電するようにゆったり過ごすなど人それぞれのゴールデンウィーク。

始まる前と終わった後では、気持ちの上でも生活の中でも何らかの変化を感じることも多くなりそうです。

私自身も、日常よくすること、から離れて、ふだんは読まないタイプの本やドラマ、などちょっとだけ違うものを読んだり見ることで、これまでとは違った視点から、様々なことをあらためて見つめるきっかけを得ています。

そうか、と思うこと、感じることを、これからの生活に取り入れたり、入れ替えるように変えていくことが実践できたら、なおうれしいですね。

[PR]

# by Glaurie | 2016-05-01 22:59 | Comments(0)

さそり座の満月に変容する過去の記憶   

f0036028_21360656.jpg

さそり座の満月となった今日。

過去を振り返るとき、

その当時に感じた思いが過去の記憶を左右して影響を与えています。

過去から続く道のりの中で、

あるとき、これまでの経験があったからこそ、

今の道のりにいる、とわかる瞬間があります。

その当時にはわからなかった、理解できずに苦しんだこと、悔やんだことも、

別の意味では役立っていた、と思えたり、
もうそんな遠回りや苦労はする必要はなくなった、と気づく瞬間があります。

今回のさそり座の満月も、そんな気づきや俯瞰するタイミングになりそうです。





[PR]

# by Glaurie | 2016-04-22 21:25 | Comments(2)

直感とただの雑念の見分け方   

f0036028_22412546.jpg

インスピレーションがやってくるときは、
ふっと突然、〜してみよう、と思いたようなタイミングがやってきます。

長い間会っていない友人に
連絡を取ってみようとなぜか思いたつ、

ある場所へ行こうと衝動的に思いたつ、

何かを夢中でしている最中に
急に別の行動をするように促されている気がした、

というように、
直感がやってくるときには、ある共通したサインがあります。

それは、
自分が何かをしたい、という欲求に従って行動にうつす、のではなく、

ふってわいたように、
何かを急にしようと
理由もなく、その時の状況には関係のない、
衝動がやってきたときが、

直感のサインです。


行動にうつした後で
よい情報や機会、タイミングにめぐり合うのが、
直感に従ったサイン。





[PR]

# by Glaurie | 2016-04-20 22:22 | Comments(0)

心の中に幸せの種を蒔くステップ   

f0036028_22431870.jpg

同じ風景をみても、人それぞれ感じ方は違うもの。
大きな犬とじゃれあう小さな子供の姿のみて、危ないと思うかほほえましいと思うかは、その人の状態や過去の体験によっても違います。

犬にまつわる思い出のカップが、どれだけ心地よい記憶に溢れているのか、そうではないかによって、ふと目にした光景をどんな風に解釈するのか影響されています。

だとしたら、これからの体験や記憶に重ねていく経験を嬉しいことや感動することを増やしていったらどうなるか、想像してみるとわかりやすいでしょう。

これまで苦手だったり、嫌な記憶に惑わされて見えていなかった新しい世界が姿を現したり、価値観が変わってきます。

だとしたら、自分自身の中にある、ネガティブな記憶や思い出とつながっている「何か」に対して、そのイメージがそっくり入れ替わるような経験や体験を少しずつ増やしていったらどうなるでしょう?

グレーになったカップの中の水に、どんどん新しいきれいな水を注ぐように、新しい体験を自分自身に与えていくことは、変化と新たな幸せをもたらしてくれます。

毎日を小さな幸せを感じることをひとつずつ増やしていくのは、心の中で自分にダメ出しをつぶやくことをやめて、あたたかく見守るようにフォローを入れることも、今からできる小さな一歩です。

自分自身がゆるぎない大きな茎の一輪の花のようになったとき、傷つきやすさや感受性の高さは、姿を少しだけ変えた感性の豊かさとなって、目に写す風景を色鮮やかに美しく変えていくでしょう。



[PR]

# by Glaurie | 2016-04-15 22:11 | Comments(0)

花と色のパワーが足りない部分を補ってくれる   

f0036028_22365380.jpg

宇宙のリズムの中で、四季のある日本では、春先が新しいことを始めたり、育てるのによいシーズンと言われています。

植物では、つぼみから花が咲いていく頃が、もっともパワフルと言われています。

形而上学では、植物の花の部分は女性性を高めることで有名です。

女性が花を贈り物としてもらうことはもちろん、生花を寝室に置くことは、風水でも開運のひとつとして知られています。

花は切り花になっても、花のエネルギーは大きく、そばにいる人に対しても影響を与えています。赤いバラを思い浮かべても、情熱的な印象を受けるように、花の色によっても影響力が変わってきます。

細かなことがわからなくても、自分がその花を見たときに惹かれる花、惹かれる色は、その人にとって必要な要素を与えたり、その女性の中にある何かを引き出す役割をしてくれます。

例えば、普段、女らしさを表現することに戸惑いやためらいを感じる人が、柔らかな花びらの淡い色の花が気になったとしたら、

その人は細やかな繊細な女らしさ、可憐で守ってもらうことに対して抵抗があったり、

自分自身がそのように扱われたことがこれまで少なかった環境にいたかもしれません。

あるいは、本来その人が持っている繊細さを表現したり、人に頼ることを自分に許すことがメッセージとしてやってきています。

そんな風に自分の直感に従って、いま気になる花を選んでみると、意外な発見と変化があるでしょう。

[PR]

# by Glaurie | 2016-04-13 22:01 | Comments(0)